COVA STUDIO TopMACでWMA

MacintoshでWMA! 高音質・高圧縮のWMAをMacで

Macでお仕事しているんだけど、BGMがなきゃ仕事できない!(自分がそうなんですが…)という人も多いでしょう。
あるいは、自宅のパソコンがMacだったり。

また、自分でCD焼けるパソコン持ってたり、超小型軽量のメモリーオーディオで、移動中はいつも音楽と一緒にいたい!
でも、iPodは重いし高いし、軽いプレイヤーはメモリーカードが高いし。

そこで、音楽のいろんな圧縮方式を比べると出てくるのが、MP3WMA
「同じ音質ならWMAの方がファイルの容量が半分で済む」といわれています。
どういうことかというと、128MBのメモリが64MBで同じ時間が録音できるということです。
言い方変えれば、128MBのメモリに約4枚のCDが録音できます!
だいたいCD4枚分(4時間)もあれば、一日の通勤時間で聞くには十分かな?と思うし。

モバイルミュージックがWMAなら、お仕事中もWMAで、と思うのも自然でしょう・・・
しかし、WMAのエンコード(CDとかアナログ音源からWMAファイルにすること)はMacではできません。
Windowsでやるか、MacOS9ならVirtual PCでWindows走らせてそこでやるかのどちらかです。
これは、あきらめましょう...(涙)

でも、再生はできます。
Windows Media Playerをダウンロードしましょう。

でも、ここでひとつ問題が・・・
Mac版のプレイヤーは、プレイリスト機能(曲順登録機能)がないのです。
1ファイル再生したら、終わるたび、次の曲をダブルクリックして再生していかなくてはなりません・・・

そこでAppleScriptで作ったのが、WMA SeqPlayerです。(クリックし続けて、「リンク先をファイルに保存」してください。自己解凍形式です)

まず、WMASeqPlayerと同じフォルダに「PlayList」というフォルダを作って、その中にWMAファイルのエイリアスを作ってください。
『表示」は「コメント」を表示するようにしてください。
それから、
WMASeqPlayerをダブルクリックすれば、Playlistフォルダの中を(エイリアスの)ファイル名順に再生してくれます。
“ファイル名順”なので、先頭にランダムに番号をふればシャッフル機能になります。「Shuffle PlayList」をダブルクリックしてください。

注:一時停止機能はありません。


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー